muraco(ムラコ)の英国(UK)ディズ

妹に「姉ちゃん生きてるだけでネタになるよ」と励まされているムラコ日記です。

お誕生日会の参加

今日はまだ本調子ではない体をどうにか動かさないとならないオットの友人の子ども2歳のお誕生日会でした。

午後から在宅ワークのビデオ面接があるため、オットが泊まり明けで戻ってきたらすぐにプレゼントを買いに行くという話をあらかじめしていたので、どうにか起き上がって準備しました。

こんなに長引く?一体なんのウイルスに感染したのか、知りたいです。オットですら今も鼻のかみすぎなのか、片耳が詰まっている感覚に襲われていて、大変不快な思いをしている日々です。私もこのまま勢いよく鼻をかんでたら、同じ症状になりかねないと気をつけています。

市内での買い物は体力が回復していない私にはハードルが高い。ので、近くのショッピングモールに行くことになりました。2ヶ月待ってやっと買い替えられたソーダストリームのボトル。飼い猫キットキャットの首輪紛失で新たに首輪の購入などを済ませ、本日の目的である2歳の子の誕生日プレゼントを買いました。

すでにリクエストがあったようで、コートを購入。その子は元々大きな子なので、2歳ですが4歳用のコートを購入したら、なんと袖が少し長いくらいで、ちょうどいいサイズでした(笑)

すでに肌寒い9月ですが、お天気が良かったので、バーベキュー決行でした。そしてみんなが楽しみにしているケーキ

ちゃんとロウソクを吹き消す事ができていました。

私はまだ体調も回復していないので、早めにパーティーは失礼しました。みんな楽しそうにしていましたよ。

在宅ワークの選考が採用になることを祈りながら、8月9月の種まき期間は期待せずに頑張るをモットーに過ごしていきたいと思います。

結構やられてる種まき期間の8月9月

以前から自分に言い聞かせている8月9月はどんなことも上手くいかないけれど種まき時期だと自分を励ましているムラコ

muracoukdays.hatenablog.com



実はもう10日間くらい謎のウイルスに感染して、体調がかなり悪いです。オットが最初どっかから拾ってきたのですが、うつりました。そしてまさか、こんなに長引くものだと思わずでした。人生30年以上生きていれば、突然の風邪の時の症状によって、どれくらい悪いのか自分で大体見当がつくと思うのですが、今回はその経験をくつがえすほどの強さです。

3回目のコロナにかかったか、と不安に思うほど深夜も寝れずに寒気、喉の痛み、で起きる始末。コロナは陰性だったのですが、ここに症状を振り返ってみようと思います。

8日の泊まり明けの朝、体調の変化を感じる。寒気、喉の痛み。同日帰宅してすぐに横になるも寒気がすると思いきや目が覚めると寝汗をかいている状態。体が発熱を下げるためだと思います。その日の夜は3回ほど着替えないと服が汗で冷たくなり、余計に症状が悪化しそうなので、定期的に交換。

9日はシフトが休みのため終日横になるけれど、百日咳の予防接種は辛いからだを起こしてクリニックに向かう。喉の痛み、体のだるさ、いくら寝ても寝れる体。やはり具合の悪さを改めて実感。マネージャーに週末の休みの申請をするも他に代役がいないと言われ、その日でできるだけ回復しようと試みる。深夜は喉の痛みにより水を飲み続ける。この日があの、流石に泣いた病院の受付の間違い案内された日。


muracoukdays.hatenablog.com

10日は普段通りに仕事に行くも、マスクを着けて業務にあたる。できるだけ体力を消耗しないようにし、泊まりのシフトのため、スタッフルームにて深夜も水分補給、喉の痛みに耐える。少し寝汗もかいていたので、発熱した可能性あり。

11日泊まり明けの朝、すぐに帰宅し、自宅で養生。喉の痛みがあるが、発熱による寝汗はなし。終日休息。

12日も泊まりのシフトで通常通り仕事に行く。喉の痛みと声がしゃがれ声。体力の消耗をできるだけしないようにする。その日もスタッフルームにて水分補給と咳が出始め、おぞましい色の痰が出る。

13日の泊まり明けの朝、喉の痛みがひく。ここまで来ると体調の回復に向かっているのが通例の風邪を経験したムラコの予測。午後は日本の友人と楽しくビデオ電話をして過ごす。

変化が起きたのが実はその日13日の夜からです。恐ろしいほどの寒気に襲われることになります。日本から持ってきたホッカイロだけでなく、湯たんぽを用意しても寒気が止まりません。挙句、関節の痛みが始まりました。喉の痛みがなくなった後は、鼻詰まりと咳の嵐。最悪、腹部にも痛みを感じたので、これはヤバいサインだと感じました。寝汗をかき、深夜も繰り返し起床しては水分補給と着替えを繰り返しました。


そして14日の朝。この日も泊まりの仕事でしたが、さすがに出勤は断念。マネージャーと同僚に連絡し、病欠連絡をしました。朝、出勤の準備で着替えたのですが、ここで日本人魂を発揮しても仕方ないと思うようになりました。シフトを代わってほしかった週末には誰も代わってくれなかったけど、ここで意地張っても仕方ないと思い、休みました。

その日から寝れる寝れる、こんなに何時間も寝れるものかと思うくらい寝れるし、起きるのすら辛い。相当体がやられていたのがわかりました。と言っても前から予定されていたものはずらす事ができないものもあり、助産師の検診に行ったり、会計コースのオンライン説明会に自宅から参加したりしていました。


そして、15日からは偶然4連休なので、16日の今日も家で養生しておりますが、自分のキャリア向上のために受講しようと考えている会計コースの申し込みをしようと15日から申請するも上手くいかずにおり、本日16日にようやく担当者から電話をもらった夕方5時。

会計コースの説明会も受けて、マイクロソフト365でもアカウントを貰えているので、あとはコースに申し込むだけになった今、パソコンから申し込めないので電話での対応をしてくれると10分くらい自分の住所やら、国籍やら、就業形態やら話しました。



担当者「イギリスに住んで何年経ちますか?」

ムラコ「2年になります」



ここから状況が一気に変わりました。


「残念ながら、3年イギリスに住んでいないとこのコースは受けれないんです。大変残念ですが、もし政府機関を使ったこの会計コースを受けるのであれば、あと1年後でないと受ける資格がありません」

「え」待ってよ。会計コースの説明会の予約は7月にして、実際に教室にも足を運んだし、オンラインでも説明会受けたのに、最後の最後でそれ?


今回のコースのスケジュールも出産前に終わる日程になっていて、私にとってとても好都合な日程だったんです。8月9月は確かに思うようにいかない事が多くても、せめて会計コースのこのレッスンはどこかで希望の星として持っていたからこそ、かなり大きな衝撃を受けました。



さすがに、今日も泣きましたね。体調は悪いわ、体調悪い中オンラインでも説明会参加して、担当からの電話も夕方の5時までかかってこないから、いつ電話が来るのか今日1日ずっと携帯持ち歩いていて、最後にコース受けれないって、私何か悪いことした?って思いました。



母親との電話も喉を労わるために2回も延期して、自分の体力の回復に集中したのに、ぽっかり穴が開きました。普段は頼りにならないオットにさすがに電話して、大泣きです。オットは今日は泊まりのシフトなので家にいないのですが、自分のこの気持ちを伝えなくては自分が一人家でパジャマで頭ボサボサで、まだ体調も回復していないし、せっかくの休みで天気がいいのに家にこもってて。



しかも今日作ったお昼のパスタがしょっぱすぎて食べれなかったし、いろんなことがもう全て悪い方向に進んでいくと感じてしまいました。


会計コースは政府機関を使ったコース以外にもカレッジが実施しているものもあれば、完全自主学習の方法もあることが分かり、いつもはあまり心配しないオットもすぐにサイトを調べて送ってくれました。


今度は金額もピンキリで、どこが信頼できるのか分からない状態。明日もネイティブのオットに頼ってどのコースにするか夫の帰りを待つことにします。


自分で探した会計コースだったし、自分で頑張れるって思ったのに、イギリスに3年いないからって、国の補助受けれないってのもなんだよって思うんですけどね。オットにも頼らずに自分で頑張れるって思ったのに。2年も税金払って、人並みに生活してるし、ビザも持ってここにいるのにね。



せめて明日は少しでも体力が回復していますように。今日の夕飯も何食べるか決めてないけど、また悲しくなるような料理作ったらどうしよう。。

改装完了!

体調不良のまま、誰もシフトに変わってもらえず、昨日は泊まりの仕事をして明けの今日です。この仕事は誰でもできるけれど、誰もやりたがらない仕事なのと、人数がいつもギリギリだから、結局誰かの負担になってしまうんですよね。

人をケアする仕事だからこそ、誰かが仕事に入らないといけない仕事です。長い年月は私は続けられないなとしみじみ思いました。オットは見かねて、前日にマネージャーに誰か他の人を立てられないか連絡してくれたんですけど、私はすでに他に誰も立てられないとマネージャーに言われていたので、これ以上ぐちゃぐちゃさせたくなかったのもあります。幸い2日間寝ていたので、熱はあっただろうけれど、下がったらしく、今は喉が超絶痛いです。

世の中のニンプさんてこういう時どうしてるんだろうって思いながら、昔からの社会人としての責任感みたいなので、仕事に出ているムラコ。オットからは、日本人魂を出さなくていいとすら言われました。後数年はここで働きながら、別のキャリアを目指すので、今まで具合が悪くても仕事に行っていた感覚で、仕事に行ける度合いと仕事に行けない度合いを自分で考えながらやり過ごしているここ数日です。

現在職場。シフト交代の人が来たら、即帰って寝ようと思います。

前置きが長くなりましたが、以前にお話しした丁寧な仕事をする現場の方の改装工事が終了しました!
muracoukdays.hatenablog.com

こちらです!

床一面が防水シートになっていて、そのままシャワーが浴びれるようになっています。

1人で約1週間で完成していました。タイルも張り巡らされていて、これでジー様もいつでもシャワーを浴びれますし、掃除が簡単になりました。


9月8日にエリザベス女王2世の他界により、昨日チャールズ3世が後千木として正式に任命されたテレビが報道されました。私はあまり女王の思い出ありませんが、イギリス国区だけでなく長くイギリスに住んでいる日本人の方々にもとても深い時代の終わりを感じているようです。

今日はさすがにやられました。

泊まり明けの昨日の朝から、体調不良で具合が悪く、確実にオットの風邪がうつったようです。

うつるのだけは嫌だと思っても豪快に咳はするわくしゃみはするわ、そりゃ否が応でも濃厚接触者になるものですから、避けれれませんでした。今思えば、マスクしておけばよかった。

思ったよりも症状が重く、喉も痛み、くしゃみ、寒気、完全なる風邪です。昨日からずっと寝込んでおり、食事も全て寝室で済ませる状況です。起き上がれない。オット責任を感じたのか、料理は昼食も夕食も作って運んでくれました。

今日は1日お休みでしたが、妊婦に接種が必要な百日咳の予防接種が午前中に入っていました。必死にダルい体を動かして、エイヤーで病院に向かうムラコ。今日はフラメンコのレッスンも久しぶりに参加できると思ったけれど、参加できる体力なし。風邪をひいたせいで、全ての予定がこんんなに狂うと思うと、情けない気持ちと悲しい気持ちになります。

とは言っても、早く予防接種受けて、なるべく早く家に戻り、横になりたいとそればかりを目標にクリニックへ向かいました。

クリニックの総合受付で、「百日咳の予防接種で10時10分に予約しています」と話すと、助産師さんエリアの待合室でお待ちくださいとのこと。妊娠関係は通常は受付でのやり取りなく、助産師から名前を呼ばれるまで助産師エリアの待合室でひたすら待つってのが通例なんです。だけど、以前に予防接種ってクリニックの方って言われたよなぁと思いながらも総合受付の言う通りにしました。

助産師エリアの待合室で待つも、30分経っても名前呼ばれず、私より後に来た人ばかり診察室に入っていくではありませんか。1時間経ったところで、これおかしいと思い、再度総合受付に確認すると、助産師担当なので、名前を呼ばれるまで待つようにと言われ、また助産師の待合所に戻るムラコ。受付の人なんだか新しい人みたいで、ちょっと頼りないんだよなぁと思いながらもパソコン見ながら話してるしなぁと思ったり。

1時間が過ぎたところで、さすがに私がポツンと助産師エリアの待合所にいるので、みかねた助産師さんが「もう長くここで待っているけれど、予約時間は何時?」と聞いてくれました。

事情を話すと、そもそも予防接種は助産師の管轄ではなく、総合窓口を通してクリニック担当だと言われる始末。

総合窓口で2回確認したら、助産師エリアで待つように言われたと言うと、助産師さんが「あら。。なんてことかしら」みたいな顔して、すぐに総合窓口に話してくれました。

1時間半待ってようやく名前を呼ばれ、看護師にも待っている場所が違ったと言われたので、私は「2回も確認しました。受付の方が助産師のエリアで待つようにと言ったので待っていました」と話したと同時に、もう涙が溢れて看護師の前で泣いてしまいました。

体調不良でなければ、もう少し気持ちは違っていたのかもしれません。ただ、2回も確認して、違う案内をされ続けて、体調不良で今すぐにでも横になりたい弱ったムラコにはとても過酷な状況でした。

予防接種は2分で終わりました。

受付のあの人に何か言ってやりたかったって体調不良でありながらもそう思うムラコ。だけど、なに言ってやったらいんだろうっていうのもあるし、それを言うだけに受付にいく自分も惨めだし、もうなんとも言えない気持ちでクリニックを後にしました。

珍しく食欲不振で朝ごはんも食べずに昼近くまで待たされた自分。早く横になりたかったのに、受付の間違いの案内で、ひたすら待たされる自分。フラメンコのレッスンも久しぶりに録画でなくて、オンタイムで受けれるはずだったのに、その体力すら無い自分。明日の泊まりの仕事も誰も交代してもらえる人がいなくて、今日限られた時間で回復できるだけ回復しないといけない自分。お昼に温めたスープが熱すぎて指を火傷する自分。

以前も書いた「停滞期」「種まき期間」が頭をよぎります。そう、8月9月は色々とうまくいかない月のムラコ

muracoukdays.hatenablog.com

そう思うと、少し気が楽になるムラコ。

妊娠4週しか違わないお友達にメッセージで話を聞いてもらい、お友達から「頑張った自分に甘いものを食べたらいいよ」っていうアドバイス通り、昨日お気に入りのパン屋さんで買った、ラズベリードーナツを食べて自分を癒やしたムラコでした。

あまりにも不適切な病院の受付案内に、私ですらそんなこと間違えずに案内できるわと思う自分がいると、また自分のキャリアについてとか、この国にいる自分の社会的地位について虚しくなる自分。今日ほど日本に帰って出産したらどんなに安心かとか、「しなくていい苦労をしに海外に行くことないよ」って誰かに言われたなって思い出したことはありませんでした。そして、今日ほど日本の医療サービスの素晴らしさや、働く人たちの責任感のあり方など、感謝した日はありませんでした。前から気づいてたけど、今日はもっと感じました。

明日は少しでも元気になってるといいなぁ。小さい頃に具合が悪くて学校お休みして家で休んでいると親がよくディズニーのビデオを再生してくれました。この年になっても具合が悪くて横になる時に見るのはディズニー(笑)うちの母は母が子どもの頃に具合が悪いと、「桃缶」食べさせてもらってたって話をしてくれたのを思い出しました。私はディズニーみたい(笑)

焼き直しって斬新

以前の投稿で半生のパイですが、オットに話したところ、焼き直しっていう発想があるようでした。

muracoukdays.hatenablog.com

元々パイ生地が少なめだったので、あまり違いは分かりませんでしたが、カリカリになってました。(笑)

思ったものと違ったものができたパイ

介護先のお家は広いお庭があるのですが、そこにリンゴと洋梨ができるんです。

貰えるだけもらって、大きなお鍋いっぱいに作ったジャムをパイにしたかったんですね。洋菓子ならオットかなと思い、パイ用の耐熱皿もなく家にあるフライパンで作ったんですね。

私の理想は、アップルパイのようにサクサクのパイ生地にジャムと組み合わせて食べるあの感じを夢見ていました。

下の生地半生っぽいし、サクサクしてるどころかベチョベチョで、結果何食べるかわからないものができました。

まだたくさん残ってて、これどうしよー。ジャムだけすくって食べています。それならこのままパンの上に乗せてジャムとして食べとけばよかった(苦笑)

イギリス人ってインドカレーが大好き

私の近くにいる人たちだけかもしれませんが、何かとインドカレーを食べることがこの上ない幸せと思っている人たちです。

例えば、誰かと会食に行くとかあるじゃないですか。少しお洒落なところ行こうみたいな、オットの友人のパートナーと会うとか。もちろん、幼馴染同士だと、何食べる?インドカレーでしょ。みたいになるらしいんですが。

ご存知の通り、イギリスって特に胸を張って美味しいと言える料理ないんですよ。日本なら、お寿司屋さんとか、お洒落居酒屋とか、いろいろあるじゃないですか。

特に私の住む東北地方にはロンドンとはかけ離れていて、焼肉屋もないし、中華料理というとテイクアウトのイメージが多い。

あと、これはただの私の勝手な解釈なのですが、紅茶大好きイギリス人ですが、そもそも紅茶ってどこから来たかって、インドじゃないですか。

www.tea-a.gr.jp

だからスパイスが効いたあの後を引く辛さがたまらないインドカレーもイギリス人の文化に浸透したんだと思います。

市内になる市場(マーケットプレイスと言って、魚屋さんやら、八百屋さんやらテイクアウトのお店が並ぶ一角)にはもちろんカレーのお店も出店しています。

オットとこの前、50パウンドの紙幣について銀行に行ったのですが、土曜日は12時半に閉まる銀行。1時間半並んでようやく解放された後に、何食べるの話になった時

muracoukdays.hatenablog.com


ムラコの好きなものでいいよと言いながら、「あ、美味しいインドカレーのテイクアウトがマーケットにある」ということで、またカレー?と思いながら、行ってみました。サモサが好きなので、それに釣られた私もいます。

サモサとひよこ豆インドカレー。後ひくスパイスにこれまたテイクアウト感があるそんなに濃ゆい味でない感じで美味しくいただきました。もう一つは、ご飯とインドカレー

こちらはもっと優しいお味のカレーでした。
私はお酒を飲むのが大好きなのですが、今は飲めないので、どうしても甘いものに走る。走る。走る。

街に出ると必ず買ってしまう。

いつもは付いてこないワッフルが付いてきた!少し得した気分で、2つの味(塩キャラメルと、アップルレモンピール)をいただきました。

インドカレーとイギリス人。インドとイギリス。紅茶とイギリス人。インドとの歴史がこうやって影響してるんかと、自分の勝手な憶測ですが、文化の歴史に感動しているムラコでした。