muraco(ムラコ)の英国(UK)ディズ

妹に「姉ちゃん生きてるだけでネタになるよ」と励まされているムラコ日記です。

映画見に行きました

日々の体と心の変化に少し疲れながら、このイギリスでこの地に住んで、私は今後どうして行きたいんだろうとまた、精神の旅に出始めたムラコです。

Facebookやインスグラムはどうしても目を通してしまうソーシャルネットワークなのですが、そこで、目標に向かって進んで実現している姿や投稿を見ると、私はこのまま大丈夫なのか。何か変わりたいのに、何もしていないじゃないかと思うのです。

この日は介護の仕事はお休みですが、在宅ワークは数時間稼働。まだまだ雇用主の思うようなパフォーマンスを上げていられない在宅ワークの方は、お厳しいお言葉いただきながら、胃と心が痛くなりながら手を動かす日々。パソコン開ける度に、苦しくなりますね。でも仕事ってそういうものかと思いながらも。まぁ、どこができていて、どこができていないかのフィードバックというよりも、どこができていないか、それをどうやって改善したらいいかなどのコミュニケーションを取るという環境ではないので、どう改善したらいいのか、どれは継続していいのか、相手の否定文からは読み取れないのですよ。だからいつも頭を抱えているというかスッキリしない状況のまま仕事をしている気がします。

今までの職場環境がつくづく良い環境だったとまた改めて感謝する日々です。

そんな午前中からその日は始まりました。このままドヨーンの日々かと思いながら、オットとは以前から話をしていた映画を見に行くことになっており、気分が乗りませんでしたが、浴衣でも着て気分上げようとまぁ、すぐには上がりませんでしたけど用意しました。

映画見る直前までドヨーンでしたが、こちらの映画見たら、なんだかあまりにも「自分の想像」を超えていて、逆に笑いが出るくらいの作品でした。

外国の視点からの日本を舞台にした設定の色が強いと思いました。あとは、これを普段の気持ちで見ていたら疑問も多かったかも。だって舞台が日本だから。だけど、海外で見る日本の文字「漢字」とか「日本語で喋ってる俳優さん、女優さん」「日本の懐かしい曲」を鑑賞できたのは、私には少し安心というか癒しにすらなっていました。

www.bullettrain-movie.jp

日本では私の好きなミュージシャンの一つ女王蜂のアヴさんも関わっていらっしゃるんですー!

www.thefirsttimes.jp

シンプルで迫力があって、こーくるのかというような展開にもう一度見たいと思いました。日本は9月1日公開ですね。おイギリスは15歳以上鑑賞可能なので、日本も年齢制限あるのかな?ぜひご興味ある方は見てみてくださいっ!